有償版と無償版の2種類が存在するソフトウェアの世界

バナー

有償版と無償版の2種類が存在するソフトウェアの世界

ひとくちにパソコンのソフトウェアと言っても、もりだくさんの製品があります。
またソフトウェアの形態も多様化しており、価格帯や販売方法、提供方法もメーカーによって特色が見られます。

まず製品の種類ですが、大まかに分けると、有料版と無償版があります。



有料版とは文字通り代金を支払って利用する製品です。

製品の機能やグレードによって値段はピンきりであり、安価なものであれば数百円で購入出来ます。

一方でプロ仕様のソフトウェアは数万円で販売されています。購入方法はパッケージ版を買うのが定番でしたが、近年ではネット上からダウンロードする方法が普及し始めています。

企業側としても無駄なコストが掛かりませんし、ユーザーサイドとしては数千円程度、パッケージ版よりお得に買えるため、Win-Winのメリットがあるのです。



また有償版の販売方法として新しく広がってきているのが、月額版になります。

役立つOKWaveの情報探しはそれほど難しくありません。

ソフトウェアのライセンスを携帯電話のごとく、月別で契約出来る利用方法であり、高価なプロユースソフトが主にその対象です。数万円の初期投資が不要、パソコンで作業したい月だけ契約出来る、プロのように多額の投資が出来ない学生や若者でもプロ仕様のソフトウェアが安く試せる等、月額版の製品には多彩な魅力があります。

そして無料版のソフトもまた費用対効果を求めるユーザーの間で人気です。


いわゆる個人が開発したフリーウェアはシンプルな機能で軽快に動作しますし、企業側がサービスの一環として提供する市販品の一部機能を制限した無償版なら、ライトユーザー層が製品の雰囲気を確認する際に、非常に効果的です。

Copyright (C) 2015 有償版と無償版の2種類が存在するソフトウェアの世界 All Rights Reserved.