格安SIMの仕組みについて

その安さを売りに人気を伸ばしている格安SIMは、正確にはMVNOといいます。


MVNOとは自社で通信設備を持たず通信サービスを提供する会社のことです。
まず大手キャリアと呼ばれるドコモなどは、自社で通信設備を持っており自社独自の電波で顧客にサービスを提供します。

こういった形態の会社をMNOと呼びます。



MVNOはMNOが持っている通信設備や電波などを借りる形で一部を利用し、そこに自社独自のサービスを追加して顧客に提供すると言う形をとります。
ですから自社で設備を持っていないがVirtual(仮想的、実質上)のMNOでMVNOと呼ぶのです。


MVNOと一口に行っても大容量や追加サービス、連携サービスを売りにする会社など様々ですべてが格安というわけではないのですが登場当時は安さを売りにする会社が多かったので格安SIMと言う名前で知られるようになりました。



格安SIMがなぜ安くできるのかというと、上に書いたように自社で通信設備を持たないことでその維持費を減らせるほか実際の店舗を持たない、もしくは減らすことで人件費などの維持費を抑えるなどの工夫を行っているためです。



ただとにかく安いだけでサービスが悪いと利用するユーザーが限られますし、安いだけでは企業としても採算を取りにくいということで最近では実際の相談窓口を各地に設置したり他社のサービスと連携するなどしてサービスを充実させる会社が増えてきており、ただ安いだけという会社は減ってきています。