端末によって利用出来るSIMのサイズが異なる

スマートフォンは、現代人が情報化社会で生きていく上で欠かせない存在になりつつあります。スマートフォンの利点は、タブレット端末やノートパソコンと比較して、非常にコンパクトで持ち運びがし易い事です。

多くのユーザーがインターネットで行う事は、オンラインショッピングやSNSの利用、メールの送受信や通話、オンラインサービスの利用であり、スマートフォンは、このような用途に適しています。

スマートフォンに挿入出来るSIMのサイズは、端末の世代毎に異なっています。



メーカー各社が販売している最新モデルは全てnanoSIMと呼ばれるかなり小さな通信カードに対応しており、その小ささのおかげで、多くの新型スマートフォンは薄型・軽量です。

少し前の世代のスマートフォンにはmicroSIMと呼ばれる通信カードが採用されていました。



このように、スマートフォンの世代によって使えるSIMカードは変わってきますので、機種変更を行ったり、新しく端末を購入したりする時にはサイズが端末に合っているのかどうかを確認しておかなければいけません。


スマートフォンが高性能化していく事で、ディスプレイが大型化したり、筐体が薄型化したりしています。



最新のスマートフォンを使いたいと考えるユーザーは、SIMサイズの変更が必要になるケースもあり、その変更手数料がかかってきますので、新しい端末を購入する時には、変更手数料も考慮して機種選びをしていくと良いです。