仮想化基盤とクラウドコンピューティング

バナー

仮想化基盤とクラウドコンピューティング

仮想化基盤が最もうまく活用されているのがクラウドコンピューティングだと言っても言い過ぎではないでしょう。

最近ではかなり普及が進んでいます。

livedoorニュースを知りたい方必見の情報を集めました。

例えば、ある企業が物理サーバを設置して、そのサーバでいろいろなサービスを提供していたとします。このとき、サーバの管理はその企業が行わなければなりませんから、そのための人材を雇うことも必要となります。



また、サーバの規模が大きくなってくると、電源の確保や空調設備など、必要な設備の規模も大きくなってきます。
このようになると、企業はサーバを維持するために多額のコストを支払わなければなりません。
しかし、別のサーバを利用するとなると、新たにシステムを組み直さなければならないために、コストがかかってしまいます。
既存のシステムをそのまま生かすために、仮想化基盤は効果的なものだと言えるでしょう。
クラウド上で仮想空間を構築すれば、そこで独自のソフトウェアを使うことができます。

企業によって既存のシステムは異なっているでしょうから、現在使っているソフトウェアをそのまま利用できるわけです。

ですから、仮想空間に、現在のシステムをそのまま移行すると言ったことも可能です。
このようにすれば、仮想空間を利用する料金を支払うことは必要となりますが、管理はクラウド業者側がすべて行ってくれます。


たいていは24時間管理を行ってくれますから、独自にITスタッフを雇うよりも、コスト面では優れていると言えるでしょう。

このような点では仮想化基盤は大いに役立っていると考えられます。



Copyright (C) 2015 仮想化基盤とクラウドコンピューティング All Rights Reserved.