SIMとは何かについて

今回は、携帯電話やスマートホンなどに使われているSIMカードについての説明文ですが、このカードはスマートホンなどを電話として使用する際に必要なカードでICカードとも言われ電話番号が登録されているカードの事を指します、以前は携帯電話本体に電話番号が登録されていましたが、スマートホンなどが主流に使用される現在ではこのICカードに電話番号が登録されるようになりました。
このカードをスマートホンなどの本体に装入することにより電話やインターネットが使用する事が出来ます。


スマートホンはこのカードが入っていない場合でも無線ランを利用することでインターネットに接続できたりIP電話・アプリなどを利用できる機能もありますが電話機やインターネットを使用する場合はSIMカードが必要になります。



通常は大手であるドコモやauといったキャリアで契約をすればSIMカードなど本体に装入して販売してくれますのでカードについて知識がなくても問題はありません、ただこのSIMカードについて知っているとお得なこともありますので知識を深めていくのも良い経験になります。



このSIMカード自体の大きさは大人の親指のツメの大きさの物から小指のツメの大きさの物があり、大きい物から標準・マイクロ・nanoサイズの3種類がありそれぞれ機種に合ったカードを使用する必要があります。


小さいサイズのカードの物であればアダプターを使い大きいサイズのカードに使用する事が出来ますが、大きいサイズのカードサイズを小さいサイズで使用することは出来ません、その場合はカード自体変えてもらわなければなりません大事なのは機種によりカードのサイズ確認はしっかりと行わなければなりません。



以上で今回はこれまでとなります。