格安SIM解約時の注意点

スマートフォンを安く運用したいという人に人気の格安SIMですが、契約をする時には違約金について注意をする必要があります。
最低利用期間が設けられている通信会社と契約をした場合、その期間内に解約をした場合には違約金がかかってしまいます。

最低利用期間については、通信会社によって異なり、半年というところもあれば1年というところもあります。
また、一部ではありますが最低利用期間が設定されていないところもあるようです。
違約金は、最低利用期間と同様に通信会社によって異なりますが、1万円前後が多いようです。

通信会社によって同一ではありませんので、契約をする前に確認をすることが重要です。


そして、電話番号は変えずに格安SIMの契約をしたいという場合には、MNP番号を取得し、転出・転入をする必要があります。



MNP転出の際には、手数料が必要となります。



この手数料は違約金とは別途請求されるものですので、解約をするタイミングによってはMNP転出手数料と違約金の両方を支払わなければならなくなることもあります。



転出手数料は3000円程度ということが多いようです。

違約金がない格安SIMもありますが、MNPの際の転出手数料が他の通信会社に比べて高く設定されていることが多いようです。
違約金がない格安SIMの解約については、電話番号が変わると困るなどの理由がなければMNPではない解約をすることで違約金を支払う必要が無くなります。